かわなこどもクリニック|郡山市安積町の小児科、アレルギー科、医療法人かわなこどもクリニック、乳児健診、予防接種、育児相談、アレルギー疾患

〒963-0107 福島県郡山市安積3-298

電話:024-947-5377

お知らせ

HOME  »  お知らせ  »  <感染症の流行状況>(新型コロナウイルスを除く)

ロゴ

<感染症の流行状況>(新型コロナウイルスを除く)

当院は全国感染症動向調査に協力しております。流行状況はこの調査を基にまとめております。
2022年51週
・ RSウイルス感染症は、福島市、県北、郡山市、県南、会津、相双、いわき市で流行、県中で小流行が続いています。
・ 咽頭結膜熱は、福島市、郡山市、会津で小流行が続いており、また、県北で小流行が見られます。
・ A群溶血性レンサ球菌咽頭炎は、会津で小流行が続いています。
・ 百日咳(1名;学童:女児)は、県北保健所管内の医療機関から報告がありました。


※インフルエンザ流行
 郡山市では、散発しておりますが、2022年12月時点での大きな流行はありません。

梅毒の流行について

 全国及び県内では、2021年の累計報告数を現時点で既に超えており、さらに増加しています。梅毒は、梅毒トレポネーマを原因菌とする細菌感染症で、主に性的接触によって感染します。初期症状として、感染局所のしこりや股の付け根の部分(鼠径部)のリンパ節が腫れることがあります。痛みがないことも多く、自然消失したとしても治癒したわけではないため、医療機関での治療が必要です。また、終生免疫を得られず再感染することもあります。特に、妊婦においては、先天性梅毒のみならず流産及び死産のリスクもありますので、疑わしい際の積極的な検査の実施、早期治療が必要です。


風疹流行について
首都圏を中心に流行した風疹は2021年5月に終息しています。
30~50代の男性が多く罹患しており、女性は20代が多い状況でした。
予防接種歴はほとんどが不明か無しです。
妊娠中の女性がかかると、「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があります。風疹はワクチンを2回接種すればほぼ、防げます。
現在、国では成人の風しん対策を行っています(第5期風しん予防接種)。2025年3月31日までの3年間に限り、風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。

※麻疹流行について
麻疹もワクチンを2回接種すれば、ほぼ防げる病気です。麻疹は乳幼児では死亡率が高い病気です。子どもは1歳と年長さん(小学校入学前)で2回受けましょう。国の成人風しん対策(第5期風しん予防接種)では「麻しん・風しん混合ワクチン」が使用されています。
感染症の詳細は、「感染症情報」のページをご参照ください。

※かぜ症状のある方(発熱、せきなど)も含めてすべての方で「マスクの着用」をお願いします。

マスクのない方、着用できない方は受付けにお申し出ください。
(別室またはお車でお待ちいただくか、院内用のマスクをつけていただきます。マスクの購入も可能です。)

※麻疹・風疹・新型コロナウイルス感染症の疑いのある方は必ず、「事前にお電話」をお願いします。

※当院では予防接種、健診を「専用の待合室と診察室」で行い、「午後2~3時は予防接種、健診のみの時間帯」としています。
感染症の流行の時期でも安心してご来院いただけます。
また、赤ちゃんの湿疹など、感染症の症状がない方も受付でお申し出いただければ、「予防接種専用の待合室」にご案内いたします。

2021年8月30日

ロゴ

〒491-0002
愛知県一宮市時之島字四ツ辻2

時間
09:00 ~ 12:00 / /
15:30~18:00 / / /
  • 受付時間は、診療開始15分前からです。
  • 内科の受付時間は土曜日午前のみです。
  • 形成外科の受付時間は、2019年4月より週1回土曜日午前のみ、受付 時間は午前9:00~11:45です。 ご注意ください。
【休診日】
木曜日,日曜日,祝日,土曜日午後
2023年 2月
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
1
2
3
4

休診

午後休診

Copyright (C) 2021 Yuki Hifuka Clinic All Rights Reserved.

TOP
ページトップへ